長峰園とは

長峰園は、埼玉の南西部、緑の多い鶴ヶ島で親から子、子から孫へと三代にわたって茶業に携わっております茶農家です。

2・4hrの茶園では、品種物の茶樹が栽培され、毎年5月には、肉厚で香高い茶葉が摘採されます。

また、長峰園では有機肥料の施用、低農薬化など『減農薬・減化学肥料』を理念として茶園管理を行っております

狭山茶・製造元/長峰園 商品一覧

狭山茶・製造元/長峰園 商品一覧
普通蒸煎茶・品評会出品茶

当園では、関東・埼玉県などの各種品評会に毎年出品しております。
特に肥培管理に注力した茶樹から、新芽の上芽だけを手で摘み取り、
慎重に時間をかけて加工します。
針のように鋭く、そして黒く光沢のある外観とまろやかでコクのある
味わいをお楽しみ戴けます。

高級煎茶

新芽時期に黒くて薄い布を一週間ほどかけた後に丁寧に摘み取った
茶葉を中心に作ります。深蒸しにすることにより、ふくよかな香りと
狭山茶の旨みが存分に味わえるお茶です。

峰つづれ

新鮮な風味をお楽しみ戴くために、
狭山茶本来の味を重視した仕上げとなっています。
高級茶独特のまろやかな味わいと香りをもつ狭山茶です。

露むさし

当園の茶園より手摘みされた茶葉を用いているために、
狭山茶の甘味、コクそして香りを存分に楽しめる お茶です。

つるが島

狭山茶の本来の甘さを残しつつ、すっきりとした火香(こおばしさ)
を味わえるように仕上た お茶です。
(当園で一番売れているお茶です。)

さやま雫

芽茶とは茶葉の先端の最も柔らかい部分だけで仕上げてある狭山茶です。
「芽」の香りを引き出しつつ、
軽い火香をつけて甘味も引き出してある狭山茶です。

造り込み茶

煎茶、茎茶、粉茶などがすべて混ざった狭山茶です。
煎茶の甘味、茎の香り、粉茶の味わいが調和した狭山茶です。 (荒茶仕立などとも言います。)

むさしのの香り

狭山茶の鮮度よりもこおばしさを重視した仕上げとなっております。
強めの火香が狭山茶の甘さを引き立たせる味わい深いお茶です。

さやまの香り

すっきりと飲めて、
まろやかな味わいを楽しめるように仕上げました。

きさらぎ

炭焼き風仕立煎茶。
口に含んだ時の強いこおばしさの割に
後味はすっきりとした狭山茶です。

さやま本茶

「この味でこんなに安いの」という声がお客様から寄せられています。
しっかりとした火香を持ちつつ、
まろやかな味わいが楽しめる狭山茶です。

極上茎茶

品評会出品茶あるいは同レベルの極少量しかとれない狭山茶からとれ
た茎のみを使用しています。
茎の甘味・香りそして茎茶としての濃厚な味わいをお楽しみ戴けます。

特上茎茶

露むさしなどの茎をゆっくりと時間をかけて仕上げました。
茎の質の高さから生まれる香りと当園での独特の製法による火香と
甘味がうまく整合した狭山茶です。

高級茎茶

つるが島などの茎を使用し、遠赤外線火入れ機を中心に仕上げました。
茎の濃い味わいとともに煎茶のこおばしさもつけてあります。

上茎茶

さやま雫などの茎を用いて、少し強めに火入れをしてあります。
茎のこおばしさを重視しつつ、茎本来の味わいも楽しめます。

棒茶

さやまの香りなど茎を中心に強火で仕上げてあります。
こおばしい香りとすっきりとした後味を併せ持つ狭山茶です。

抹茶入り茎茶

格調高く仕上げた茎の香りと抹茶の甘味を同時に味わえる狭山茶です。
茎の香りとともに抹茶ののどごしをお楽しみ下さい。

粉入り茎茶

粉茶の味わいと茎茶独特の風味を絶妙に結びつけた狭山茶です。
「この値段でこの味わいは…」とお感じになるでしょう。

焙じ茶

良質の狭山茶をじっくりと焙じた狭山茶です。
茶褐色の濃厚で後味の良い焙じ茶です。

玄米茶

良質の玄米を用いた玄米の香り高い狭山茶です。
玄米の香りとともに煎茶の味わいも楽しめるように
当園工場にてしっかりと作りました。

抹茶入り玄米茶

玄米茶に抹茶を惜しみなく入れて作りました。
玄米茶の風味漂う濃緑色の狭山茶です。

高級粉茶

狭山茶本来の甘味を粉茶ののどごしでお楽しみ戴けます。
きれいな濃い緑色に出る お茶です。

上粉茶

すっきりとした後味を重視した仕上げをした
少しこおばしい味のする狭山茶です。

粉茶

少しこおばしい香りのする、 それでいてきれいな緑色に抽出できる狭山茶です。